【ウエスカ戦後】ソラーリ「ボールがどこに落ちてくるかわからないんだよ」

サンティアゴ・ソラーリ率いるレアルマドリードは昨日、ウエスカをアウェイにて1-0で勝利を収めた。

 

-複雑な環境

「風は今日の試合を醜いものにした。雨の方がまだマシだ。でも、僕たちは勝利を収めたということが大事だ。」

「こんな試合もあるもんだ。最後まで戦うことしか僕たちにはできないし、最終的に勝利を得るというのが大事なことだ。風は両チームにとって試合を複雑なものにした。どこにボールが落ちてくるかわからないんだよ。」

 

 

-ウエスカ

「ゴールを決めるチャンスをたくさん得たとは言い難いが、最後まで僕たちにプレッシャーを与え続けた。」

 

-レアルマドリードのプレイ内容

「バレンシア戦の前半みたいな感じでプレイできるときも来るだろう。日によって違うもんだ、その周期に慣れなければならない。」

 

-実力を証明したガレス・ベイル

「もちろん、彼は実力は証明した。彼もそうだが選手全員が実力を証明した。勝ち点3を得るために彼のゴールは役に立った。今日の試合は額に入れて誇るような内容ではなかったが、ラ・リーガを勝ち取るためには、こういう試合でも勝利を収める必要がある。」

 

-競争力のあるリーグ

「こういう力が均衡したリーグを人々は好む。何が起きるかわからないリーグだ。僕らも楽しんでいこうじゃないか。」

 

-関連記事

【ウエスカ戦後】クルトワ「僕たちはこれを改善する必要がある」

 

Embed from Getty Images

【ウエスカ戦後】ソラーリ「ボールがどこに落ちてくるかわからないんだよ」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください