【エイバル戦後インタビュー】ラモス&クルトワ「これまでに200〜250回のドーピング検査を受けてきたよ。」

セルヒオ・ラモス

 

-試合内容

「今日は言い訳なし。」

「僕たち選手がこの結果に対して責任がある。これを変えるという意欲を持って明日起きる。」

 

-コンディション

「コンディションの問題は全くないと思う。どっちかっていうと選手の(サッカーの)姿勢の問題だと思う。」

 

-ドーピング問題

 

「難しい話題。弁護士と相談中だ。僕のクラブとUEFAが話し合ったみたいだね。僕はキャリアを通してルールを破ったことはないよ。」

「彼らは1ヶ月半ほど前に電話をかけてきて、脅してきたんだ。怖さは全くなかったね。これは僕のイメージに関わる問題だから、法的手段をとるよ。」

「真実を知っているのは僕たちだ。僕たちは落ち着いているよ。」

「心が痛むね。僕はキャリアを通してルールを破ったことはない。これまでに200〜250回のドーピング検査を受けてきたよ。」

「真実というのは1つであり、嘘は1000通りの伝え方がある。でも結局それは嘘なんだ。」

 

 

ティボ・クルトワ

「これはレアルマドリードらしくない。」

「2、3失点することは心地の良いものではない、しかしチームとして前進しなければならない。11人で守備はしなくちゃ。」

 

 

-関連記事

ソラーリの試合後インタビューはこちら

Embed from Getty Images

【エイバル戦後インタビュー】ラモス&クルトワ「これまでに200〜250回のドーピング検査を受けてきたよ。」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください