【エスパニョール戦前日】シメオネ「ルーカスは僕がどう思っているか知っている。」

エスパニョールをホームのカンプ・ノウにて迎え撃つFCアトレティコ・マドリード。

前日記者会見に指揮官エルネスト・バルベルデが臨んだ。

 

-ルーカス・エルナンデスとの話し合い

「ここで言えるのは、僕は彼と話し合った。僕はクラブと話し合った。ルーカスは僕がどう思っているか知っている。クラブは僕がどう思っているか、僕が何を求めているか知っている。今日の時点では彼は僕たちとともにいて、物事を仮定して話す意味はあまりないかな。彼が移籍したら、彼が残留したらとか。なぜなら今日、彼はここにいるからね。もし出場可能な状態であったら、彼は出場していた。」

 

-グリーズマン契約延長のロッカールームへの影響

「ルーカスについての情報だけでなく、君たちは話題にするために使えると思うものを見つける必要があるんだよね。それは理解できる。僕たちはエスパニョールとの大事な一戦を明日に控えている。最近の試合では負けているけど、値しないような敗戦だったから、僕たちが求められるものも大きい。明日は素晴らしい日になるだろう。ガビがワンダ・メトロポリターノに戻ってくるからね。試合の終わりに人々と彼のために重要な瞬間が用意してある。僕はルーカスに僕がどう思っているか伝えた。人々が明日の試合で彼に愛情を感じさしてくれることを願うよ。ガビに対しても同じだね。彼はこのクラブの1人であり、常にクラブのために全力を尽くしてきた。」

 

-クルトワの発言

「僕は礼儀正しい。クルトワは僕が言いたかったことを理解しなかった。」

 

-ルーカスのバイエルンへの移籍

「今の時点では、ルーカスはここにいると考えている。僕が起こっていないことに関して話したり、想像の状況について話をすれば、記事は埋まるだろう。でもこれらのことは起きていないんだ。」

 

-ルーカスの移籍が意味すること

「起こってないことをについて想像するのは難しい。僕は起こっていないことは想像しない。常に僕は起こる可能性のあるポジティブなこと、ネガティヴなことについて想像している。僕は楽天家でもある。ルーカスは僕たちが彼に抱いている愛情を知っているし、バイエルンのようなチームが彼の移籍金を支払いたいのは普通だということも知っている。バイエルンは重要なクラブだ。」

 

 

-関連記事

【CWC決勝戦前日】ソラーリ「ここ数年でレアルマドリードが成し遂げたことに価値を見出すことが難しい時があるんだ。」

【CWC決勝戦前日】ラモス「モウリーニョが去って5年が経った今、君たちはまだ彼について話をしている。」

【セルタ戦前日】バルベルデ 「冬の移籍市場が開く前に、市場を閉めた史上初の監督になっちゃうね。」

 

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください