【クラシコ後】カゼミロ「ロナウドはもういない。1週間前はカリムが世界一の9番だった。」

FCバルセロナとの国王杯準決勝セカンドレグで0-3で敗れ、敗退が決定したレアルマドリード。

試合後、カゼミロがインタビューに応じた。

 

-ゴール欠乏症

「僕たちはハードワークをし、戦い、たくさんのチャンスを手にした。でもゴールを決めなければ大きなダメージを受けてしまう。それが今夜起きたことだね。」

 

-ヴィニシウスはもう少し狙うべきでは

「彼だけについて話すのは不公平だよ。彼は大胆だったし、勇気があった。何に対しても恐怖を抱いていない。彼の年齢にしてあのレベルは素晴らしいよ。」

 

-スアレスへのPK

「明確だったし、抗議すらしなかった。スアレスは僕より賢かったって事だね。」

 

-クリスティアーノ・ロナウド不足

「ここにいない人について話すことはできない。彼はもうレアルマドリードの選手じゃないからね。1週間前はカリムが世界一の9番だって言われてた。カリムは偉大な選手。でも前線の選手みんながよくやっている。ここにいる者、僕たちが戦わなくちゃいけない。」

 

-決勝を前にして敗退

「僕たちは悲しい。でも国王杯はもう終わった。僕たちは止まってはいけない、残っているところで戦うしかない。」

 

 

<関連記事>

【クラシコ後】ピケ「歴代最高の選手だけどバルサはレオ・メッシだけじゃない。」

【クラシコ後】アルバ「国王杯が価値の低いタイトルだという言い訳はダメだよ。」

 

 

Embed from Getty Images

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください