【クラシコ後】ソラーリ「マルセロは第二キャプテンであり、100%マドリディスタ。」

カンプ・ノウでのFCバルセロナとの国王杯準決勝ファーストレグ、伝統の一戦「エル・クラシコ」にて1-1で引き分けたレアルマドリード。

試合後、指揮官サンティアゴ・ソラーリが記者会見に出席した。

 

-試合を振り返って

「フットボールにおいて結果の公平性について話すのは難しい。前後半で得点のチャンスはあった。レベルの高い、均衡した、見る人全てにとって美しい試合だったね。」

 

-前回のクラシコとの違い

「比較は常に無駄。でも僕たちが見てきたように、このチームは良く頑張る。」

 

-セカンドレグに向けて

「結果はまだわからない。たくさんのことが起こる可能性があるよ。両チームが高いレベルにあるからね。」

 

-批判の集まるマルセロ

「マルセロは第二キャプテンであり、100%マドリディスタ。僕たちは全選手のベストバージョンを引き出そうとしている。」

 

-ヴィニシウスの活躍

「(彼の活躍に)僕は驚かない。僕は彼を加入当初から見てきているからね。彼は18歳であり、あんなプレイを見せるのは驚きだったね。よくあることではない。手柄は彼と、彼が輝くために手伝うチームメイトのものだ。」

 

 

<関連記事>

【クラシコ後】ナバス「僕はこのユニフォームのために全てを尽くす。」

【クラシコ後】バスケス「僕たちはバルサを上回っていた。」

 

 

 

Embed from Getty Images

【クラシコ後】ソラーリ「マルセロは第二キャプテンであり、100%マドリディスタ。」” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください