【ジローナ戦後】コレア「とても腹が立つ。準々決勝に突破したかった。」

国王杯ベスト16セカンドレグのジローナ戦で3-3で引き分けたことにより、敗退が決定したアトレティコ・マドリード。

試合後、アンヘル・コレアが記者会見に出席した。

 

-試合を振り返って

「とても腹が立つ。準々決勝に突破したかったからね。ジローナが強いチーム、僕たちに苦戦を要してくるということを僕たちはわかっていた。僕たちは90分間、集中していなければいけなかった。」

「敗退もそうだが(今日の試合で見られた)ポジティブなことも忘れてはいけない。次に向けて間違いを正す必要もある。とても重要なことだ。」

 

-これから

「この結果を僕たちは慎重になるために、次に向けての努力をするために役に立てなければならない。僕たちは最後まで戦いたい。」

 

 

<関連記事はこちら>

【ジローナ戦後】シメオネ「僕たちは犯した過ちについて考え、改善していくよ。」

【ジローナ戦後】コケ「僕たちは5ゴール決めたけど、3ゴールしか認められなかった。」

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください