【セビージャ戦前日】シメオネ「移籍市場が閉まるまで落ち着くことはできない。」

明日、セビージャとのアウェイ戦を控えるアトレティコ・マドリード。

指揮官ディエゴ・シメオネが前日記者会見に出席した。

 

-絶えない移籍の噂

「シーズンを通して起きることだ。毎年こういう状況が発生している。契約が切れる選手、能力があるから獲得を狙われる選手、もっと出場時間を求めている選手… 僕たちにとって目標はいつもと同じ。セビージャのような強い対戦相手に集中すべきだということだ。彼らはホームでサポーターがついていたら、なおいっそう強くなるしね。ポジティブな面を見て、楽観的に物事を僕たちは進め、ワクワクした気持ちを持っていこうと思う。」

 

-ゴディンは過小評価されているのか

「ゴディンとアトレティコマドリードの両者にとって最善の方法を探しているんだと思う。ゴディンは僕の考えを知っている。クラブは僕の考えを知っている。」

 

-選手を引き止めるクラブ

「移籍市場が閉まるまで落ち着くことはできない。ルーカスとバイエルン・ミュンヘンの件のようにビッククラブが僕たちの選手を欲しがる可能性は常にある。僕たちはルーカスとは話し合った。彼は僕たちが必要としている、もうすぐチームに合流してくれるように願っている選手だ。僕は今を生きる。1試合1試合考える。」

 

-来シーズンもゴディンにアトレティでプレイして欲しいか

「君たちは僕の考えを知っている。僕がゴディンについてどう思うかさらに明確に語る必要はない。」

 

 

-関連記事

【ヘタフェ戦前日】バルベルデ 「シーズンの終わりには僕が監督を続けるのか決定を下さなければならない。」

【レアルソシエダ戦前日】ソラーリ「戦い続け、挑戦を受け続けなければならない。それが勝者ってものだから。」

 

 

Embed from Getty Images

【セビージャ戦前日】シメオネ「移籍市場が閉まるまで落ち着くことはできない。」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください