【セビージャ戦前日】ソラーリ「マドリードの運の良いところは世界トップのGKが2人いることだ。」

本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセビージャとの試合を明日に控えるレアルマドリード。

指揮官サンティアゴ・ソラーリが前日記者会見に出席した。

 

 

-セビージャとの一戦

「僕たちは情熱、上位チームとの勝ち点を縮めるんだという気持ちを持って試合に臨む。」

「(セビージャ相手に勝利することは)上位との差を縮めること、再び勝利を収めることを意味する。彼らが使用するシステム(3バック)に関係なく僕たちは良い試合をしなければならない。僕たちは僕たちがやるべきこをする。最初の瞬間から勝ちに行き、ホームで支配的にならなければならない。」

 

-ベンゼマの怪我の状態

「カリムは小指に負傷を負い、僕たちは彼のフットボーラーとしてのキャリアが明日、水曜日、来週末と前進していくにあたって問題にならないと信じている。彼は良い感じだ。もちろん、負傷していなかったらもっと幸せだけどね。彼は踏まれたんじゃないかな。でもいい感じ。彼の機嫌は良かったよ。僕たちは彼がチームにいて幸せだ。」

 

-ベンゼマは不可欠な存在か

「疑いようがない。攻撃の要だ。良いプレイを見せ、素晴らしい1年を過ごしている。」

 

-バルサの”チュミ事件”

「そのことに関して話すのは僕の仕事ではない。」

 

-状態が上がらないマルセロ

「マルセロはここ10年間のフットボール界で最も賞を受賞してきたサイドバックだ。彼の調子?全員が100%の状態であるように僕たちは取り組んでいる。」

「チームには調子の良い選手がいて、悪い選手がいるものだ。負傷から復帰する選手、負傷離脱選手がいるようにね。フットボールはそういうものさ。僕たちは全員がプレイできる状態であるようにしようとしている。」

 

-選手時代に今のイスコのような状況は経験したか

「イスコに関しての質問には100回以上答えてきた。彼は、この僕たちの偉大なチーム同様に偉大な選手だ。新たな試合がやってくる度に全選手が同様にプレイするチャンスを得る。」

 

-クルトワ or ナバス

「スタメンは明日発表する。マドリードの運の良いところは世界トップのゴールキーパーが2人いることだ。」

 

-フロントに選手補強に関して意見するのか

「非公開で行われることは…非公開。」

 

-不調を乗り越えることができるか

「チームや人々の強さは苦境にある時に分かるものだ。僕たちは負傷者が続出しており、ベストチームで試合に臨むためにできるだけ早く彼らに復帰してほしい。」

 

-負傷組の復帰はいつ

「ジョレンテはピッチでプレイしている。ベイルもだね。マリアーノも何個かのメニューをこなしている。彼らができる限り早く復帰するのが重要だ。」

 

 

<関連記事>

【ウエスカ戦前日】シメオネ「オブラクが世界一だというのは明確なことだ。」

 

 

 

Embed from Getty Images

【セビージャ戦前日】ソラーリ「マドリードの運の良いところは世界トップのGKが2人いることだ。」” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください