【セルタ戦後】オドリオソラ「イスコが出場機会を得ていなかったのはある出来事として置いておこう」

セルタ・デ・ビーゴ相手にジネディーヌ・ジダン復帰後初戦に臨み、2-0で勝利を収めたレアルマドリード。

アルバロ・オドリオソラが試合後インタビューに応じた。

 

-ジダンの復帰

「僕たちはとても幸せだ。小さい頃から彼は僕のアイドルで、今は僕の監督。今日はこの3日間で僕たちが取り組んできたことが見られた。新しいスタート。ジダンは歴史最高の選手の1人であり、監督としては過去が彼の実績を物語る。指揮の取り方をわかっている。」

「ジダンに見られてり、話しかけられたりするのは特別なものだよ。彼はフットボールとマドリディスモの歴史。」

「君たちは見ることができないけど、ここ最近のトレーニングは素晴らしいものだったよ。」

 

-イスコの復帰

「フットボールではこういうことも起こる。あれは(イスコがソラーリの指揮のもとプレイしなかったこと)ある出来事として置いておこう。」

 

-変更が多かったスタメン

「スタメンは僕たちを驚かせたよ。僕たちは出場すること、しないことに対しても準備はできている。チームとしてのクオリティーの高さを見せることができた。たくさんの出場機会を得ていなかった選手が素晴らしい試合を演じた。僕たちはみんなワクワクしている。あの悲劇の週を乗り越えて気力が戻ってきた。未来を見て、シーズンを誇りを持って終え、残り10試合勝たなければいけない。競争することに対して毎日集中して取り組むのも大事さ。僕たちは誰が出場するとかではなく、全ての瞬間で100%出すことについて考える。」

 

 

<関連記事>

【セルタ戦後】セバージョス「ジダン監督就任は機能したようだね」

 

 

Embed from Getty Images

【セルタ戦後】オドリオソラ「イスコが出場機会を得ていなかったのはある出来事として置いておこう」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください