【バレンシア戦前日】バルベルデ「マドリードは自信を取り戻し、改善していっている。」

本拠地カンプ・ノウでバレンシアとの一戦を明日に控えるFCバルセロナ。

前日記者会見に指揮官エルネスト・バルベルデが出席した。

 

-国王杯準決勝はレアルマドリードと

「素晴らしい準決勝になるだろう。ラ・リーガでタイトルを争い、あと数週間で再びチャンピオンズリーグの戦いに臨む両チームは素晴らしい2試合を繰り広げるだろう。サポーターと僕たちにとって魅力的な試合だ。僕たちが決勝に進出できることができるか見てみようじゃないか。」

 

-早まったトディボの加入

「トディボはクラブが来シーズンのために獲得した選手。でも彼の所属クラブでの状況を考えて、チームメイトやプレイスタイルを知っていくために早く加入することになった。僕たちがセンターバックが2人しかいないという緊急を要する状況に陥っていた時期があったのは事実だ。でも今は5人いる。競争が増えるということ以外、ムリージョにはなんの影響もないだろう。他の選手と同じだね。」

 

-マドリード相手にバルサが勝利する確率は?

「確率は同じ。均衡していると僕たちは見ている。確率について話すなんてバカバカしい。あの時(バルサが5-1で勝利した時)はメンタル的に難しい状況に彼らは陥っていたが、今は違う。自信を取り戻し、良くなっていっている。明日の試合では今シーズンで一番の時期を過ごしているバレンシアと対峙することになるが、マドリードともそうなるかもね。」

 

-ハードスケジュール

「時が進むごとに状況を見ながら対応していく。今週は6日間で3試合。来週は8日間で3試合。アスレティック・ビルバオ戦後は1週間の空くから助かるよ。状況を見ながら選手を休ませていく。誰も怪我しないことを僕たちは願っている。」

 

-マドリードとの対戦が決まり驚いたか

「真実を言う。セビージャ戦後からマドリードと当たるのも可能性の1つだということはわかっていた。」

 

-国王杯から敗退したアトレティと入れ替わりたいか

「それは僕でなく、彼らに聞くべき質問だ。」

 

-デンベレの復帰

「わからない。今はまだ答えがわからない。月曜日か火曜日あたりに彼がどんな感じか確認する。」

 

-ローテーション採用か

「勝つためにベストメンバーで臨む。選手たちの状態を判断しなければいけない。トレーニングでそれを確認した後に、僕たちは決定を下す。でも僕たちにとってラ・リーガが最優先事項だということは否定できないね。」

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください