【バレンシア戦前日記者会見】ソラーリ「僕たちは君たちの”仮説”に構っている暇はないんだ。」

-リベルタドーレスのサンティアゴ・ベルナベウ開催について

「レアルマドリードにとってリベルタドーレス決勝、スーペルクラシコがベルナベウで開催されることは大きな名誉である一方で、リベルタドーレスの決勝がブエノスアイレスではなく、大西洋を超えてマドリードで開催されるのは残念なことだ。」

「ベルナベウとレアルマドリードという”名前”がこのリベルタドーレス決勝開催するまでに起きたいざこざを綺麗に洗い流してくれることを僕は願う。」

「残念なことに僕はリベルタドーレスの決勝に対する興味を少し失ってしまった。」

 

-自身について書かれた記事を読むのか

「新聞は毎日読んでるよ。でもスポーツ紙は読まない。」

 

-イスコ問題

「またイスコの話。前に言ったようにスポーツ的な決断だ。」

「レアルマドリードには24人の選手が所属しており、僕が決断を下さなければならない。僕たちは君たちの”仮説”に構っている暇はないんだ。」

「僕は各選手にとって僕がベストだと思うことをするだけだ。みんなが大事な存在だ。なぜなら僕たちはレアルマドリードだからね。」

 

-選手との連絡方法

「僕はWhatsApp(スペインで主流のSNS)をダウンロードしていない。」

 

-マルコス・ジョレンテ

「ジョレンテの発言は知らないね。僕が知ってるのは彼のピッチ上でのパフォーマンスだ。ジョレンテは試合に長い間出場していなかったから、彼にとっては難しい試合だったろうね。」

 

-関連記事

【スペイン紙 予想スタメン&展望】レアルマドリード vs バレンシア

”イスコ問題”についてのカルバハルのコメント

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください