【ビジャレアル戦後】モラタ「僕を信用してくれるクラブと監督を必要としていたんだ。」

本拠地ワンダメトロポリターノでビジャレアル相手に2-0で勝利を収めたアトレティコ・マドリード。

チェルシーから移籍後初ゴールを決めたアルバロ・モラタが記者会見に出席した。

 

 

-サポーターからの喝采

「僕は初ゴールを決め、勝利し、ここにいることができて幸せだよ。ここは僕がいたいと思っている場所。この勝ち点はとても重要なものだ。」

「僕はチームを助けようとしている。そのために僕はやって来たし、サポーターの僕に対しての振る舞いに僕は喜んでいるよ。得点しようがしまいが僕はこのユニフォームに全てを捧げる。」

 

-メッシと争うリーガのタイトル

「(彼と同じリーグで戦うのは)難しい。僕たちは僕たちの仕事をするだけ。あのレベルの選手と同じリーグは難しいよ。僕たちは勝ち点を獲りに行き、彼らが勝ち点を落とすのを待たなければいけない。チームと監督の言うことを聞いて、戦いのことを考え、このユニフォームと共にたくさんのものを勝ち取っていくだけ。」

 

-アトレティへの適応

「あることについて何度も考えることはあるよね。僕を信用してくれるクラブと監督を必要としていたんだ。適応するのは彼らのお陰で難しくなかった。」

 

-VARのジェスチャー

「あれは冗談だったよ。僕のゴールが取り消されて残念だった。あれを審判するのは難しいってわかっている。あの冗談は何度かチームメイトとやったね(笑)」

https://twitter.com/kimerojpn/status/1099813560102936577?s=21

 

 

<関連記事>

【ビジャレアル戦後】サビッチ「僕たちはバルサだってしくじることがあるって考えなければいけない。」

 

 

 

Embed from Getty Images

【ビジャレアル戦後】モラタ「僕を信用してくれるクラブと監督を必要としていたんだ。」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください