【ヘタフェ戦前日】シメオネ「カリニッチはいつも良い振る舞い。明日はプレイするよ。」

本拠地ワンダ・メトロポリターノでのヘタフェ戦を明日に控えるアトレティコ・マドリード。

指揮官ディエゴ・シメオネが前日記者会見に臨んだ。

 

-自身の契約延長

「今のところは何も伝えることはない。僕たちは明日の試合について考えている。ヘタフェはリーグ戦と国王杯でよくやっている。ボルダラス(ヘタフェの監督)が就任してから良くなったね。明日の試合は僕たちが持っていきたい展開に持っていけることを願っている。」

 

-カリニッチを頼りにしているのか

「僕は負傷している選手、負傷していない選手含め全選手を頼りにしている。ニコは加入してからプロとして、いつも良い振る舞いをするし、僕も全力を尽くしてくれる選手とは同じ振る舞いで接する。フットボールの面で言うと、前より頼りにしている。プレイする出番がやってきたとき、彼はチームにとって重要な存在であった。明日、彼はプレイする。これまでと同じ調子であって欲しいね。」

 

-さらなる負傷者がでる可能性

「僕たちはみんな(負傷に関して)心配している。来週にはさらなる選手が復帰していることを望んでいる。コレアも復帰する。これまでと同じように戦っていけるように僕たちは常に解決策を見つける。」

 

-移籍市場の動きどう見る

「僕は加入する可能性がある選手、移籍する可能性がある選手の両方に関して僕は落ち着いていることはない。僕たちは移籍市場が閉まるまでそわそわしている。アンドレア、ミゲル、エンリケとは毎日話し合いを行なっている。僕たちはクラブとして成長し続けるための解決策を探している。」

 

-モラタの移籍

「まだ現実していない。僕たちを前に進める唯一の現実は目に見える物、触ることのできる物のみだ。今日ここにいる選手たちが僕たちの選手。明日の試合は賢く考えて臨まなければならない。そのあと、もしモラタの件が現実になれば、僕の意見を言うよ。」

 

-ゴディン、インテル移籍か

「僕にはわからない。僕は彼の体(頭)の中にいるわけじゃいからね。明日は、クラブ加入初日と同じ情熱、興奮、粘り強さと共に彼はプレイするだろう。僕たちのチームにいる最後の日まで彼はそうだろうね。」

 

 

<前節の選手・監督の発言まとめはこちら>

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください