【ヘタフェ戦前日】バルベルデ 「シーズンの終わりには僕が監督を続けるのか決定を下さなければならない。」

明日、ヘタフェとのアウェイ戦を控えるFCバルセロナ。

指揮官エルネスト・バルベルデが前日記者会見に出席した。

 

-自身の去就

「僕が決断を下さなければならないとは言ってない。僕たち(バルベルデとバルサ)の間には契約があり、一緒に決定を下す。(就任)当初からクラブとは理解しあってきた。僕にはクラブと2年間の契約がある。シーズンの終わりには僕が監督を続けるのか決定を下さなければならない。その決定は先延ばしにしておく。でも常に僕たちは理解しあってきた。監督の世界がどんなものか知っているよね。1週間勝てなければ、頭に値段がつけられるんだ。(売りに出される)」

 

-ヘタフェとの一戦

「1年を始めるには絶好の相手だ。なぜなら彼らは(勝利を収めるために)多くが求められる相手だからね。僕たちは知っている。去年は彼らのホームで勝つのに苦労して、僕らのホームでは勝つことができなかった。ヘタフェは強いチームだ。上位のチームにプレッシャーをかけてきているね。彼らはヨーロッパの舞台へ進もうと戦っている。良い結果を手にするために僕たちは試合に集中しなければならない。」

 

-1月の補強

「僕たちは常に強くなりたいと考えている。選手がやってくるか見てみようじゃないか。でも僕たちは僕たちの選手たちに満足している。」

 

-忙しい1月

「僕たちはカップ戦で勝ち進みたい。全選手を頼りにしたい。Bチームの選手もね。ウムティティが良い感触を得て、今月の僕たちを助けてくれることを願っている。ヴェルメーレンも同じだ。」

 

-レアルマドリードはタイトルレースから脱落?

「僕たちはレアルマドリードをタイトル獲得候補として考えている。勝ち点差は大きく見えるけど、そんなこともないんだ。」

 

 

-関連記事

【セビージャ戦前日】シメオネ「移籍市場が閉まるまで落ち着くことはできない。」

【レアルソシエダ戦前日】ソラーリ「戦い続け、挑戦を受け続けなければならない。それが勝者ってものだから。」

 

 

Embed from Getty Images

【ヘタフェ戦前日】バルベルデ 「シーズンの終わりには僕が監督を続けるのか決定を下さなければならない。」” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください