【メッシ出場なるか?】バルベルデ UCLインテル戦前日記者会見

明日、サン・シーロでインテルと対戦するFCバルセロナの指揮官エルネスト・バルベルデは前日記者会見に臨んだ。

「メッシは出場可能になる寸前の状況にあるよ。僕たちは待つ必要がある。今日の練習に彼は参加したよ。」

「感触としてどん感じなのか彼(メッシ)に聞いてみようじゃないか。特に彼が(ピッチに戻る)確信を得ているかだね。彼の動きを見る限り問題はない。でも彼がプレイに戻れるという確信を持つ必要があるね。」

「落ち着いた状態で試合に臨まなければならない。僕たちはまだグループリーグ突破が決まったわけじゃない。リーガとチャンピオンリーグで今シーズンのバルサは苦しんでいる。どの対戦相手も難しい相手だ。」

「メッシに関しては4つの可能性がある。スタメン出場、ベンチスタートからの途中出場、ベンチに90分、ベンチ外。僕たちがこれはしないと言えるのは、リスクを犯すことだ。」




「僕たちにとってコウチーニョがプレイに絡むのはいいことだ。コウチーニョのプレイには満足しているよ。もっとプレイをよりよくできるかって?もちろん。僕たちは皆、プレイをより良くするために戦っているんだ。」

「僕はインテルのプレイスタイルが好きだね。彼らは勇敢で、アグレッシブで上手にディフェンスする。」

「もちろん、メッシができるだけ早く復帰することは僕たちにとって必要だ。」

「僕たちはイカルディとナインゴランに気をつける必要がある。しかし大事なのは誰が試合の主導権を握るかだよ。」

「僕はジョルディ・アルバに幸せであってほしい。彼のバルサとの契約延長?それは彼とクラブ間での問題だ。僕は彼に幸せであってほしいね。」

「ヴィダルはよくトレーニングに励んでいるよ。彼はサッカーに情熱を持っており、トレーニングにも情熱を持って取り組んでいるよ。彼がピッチに入る時、チームを戦いに向けて奮い立たせるよ。明日(日本時間:今日)彼が出場するかしないかは、明日わかるよ。」

Embed from Getty Images

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください