【ユベントス戦後】グリーズマン「プレイに絡むことが出来なくて責任を感じている。」

ユベントスとのチャンピオンズリーグ1回戦セカンドレグで3-0で敗れたことにより、2戦合計2-3で敗退が決定したアトレティコ・マドリード。

試合後、アントワーヌ・グリーズマンがインタビューに応じた。

 

 

-最悪の日

「難しい試合になると僕たちはわかっていた。僕たちの試合に持っていくことができなかった。しくじるには悪い日を選んでしまった。口が悪くなってごめん。でもみんなもうダメだ。僕が一番だけどね。責任を感じている。なぜなら間を作ることが出来ていたファーストレグと違ってプレイに絡むことができなかった。」

 

-今夜は何が起きた

「いろんな事だね。ファーストレグの僕たちのように、今日は全てのレベルにおいてユベントスが僕たちを上回っていた。3-0はよくある事じゃないよ。特に僕たちには。」

「僕たちの日ではなかった。バイエルミュンヘンとの試合を思い出したよ。でもあそこではハーフタイムに改善することが出来た。今日はそういかなかった。彼らが上回っていた。祝福するよ。」

 

-ハットトリックのクリスティアーノ・ロナウド

「クリスティアーノは全てのチームを手玉に取っている。偉大な選手。ファーストレグではチャンスを得ていなかったが、今日は3度のチャンスで3回入れた。」

 

-サポーターへのメッセージ

「家族ですら僕に何て言ったらわからないよ。僕も彼らになんて言ったらいいかわからない。」

 

 

<関連記事>

【ユベントス戦後】ゴディン「最も苦しみ、残念に思っているのは僕たち。」

【ユベントス戦後】サウール「「アトレティにはたくさんのものが欠けていた。」

【ユベントス戦後】コケ「意欲やワクワク感が僕たちに欠けていたわけじゃないがユベントスが上回っていた。」

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください