【ユベントス戦後】ゴディン「最も苦しみ、残念に思っているのは僕たち。」

ユベントスとのチャンピオンズリーグ1回戦セカンドレグで3-0で敗れたことにより、2戦合計2-3で敗退が決定したアトレティコ・マドリード。

試合後、ディエゴ・ゴディンがインタビューに応じた。

 

 

-試合を振り返って

「ユベントスにダメージを与えるためのトラックを見つけることはできなかった。僕たちは懸命に守ったが、彼らがゴールを決めた。ベスト8進出するために必要としていた1ゴールを決めるための攻撃的な”答え”を見つけることはできなかった。」

 

-ユベントスの強さ

「僕たちにとって何の驚きでもなかった。手強い相手との難しい試合だとわかっていた。攻撃に加えて彼らは上手く守備をした。賢く試合を展開した。僕たちはゴールを決めることが出来なかった。」

 

-サポーターへのメッセージ

「いつものように全力を尽くして僕たちはシーズンの最後まで行く。最も苦しみ、残念に思っているのは僕たち。(チャンピオンズリーグは)僕たちが欲しく、望んでいたもの。チームメイトを鼓舞して、いつも通り最後まで戦う。」

 

 

<関連記事>
【ユベントス戦後】グリーズマン「プレイに絡むことが出来なくて責任を感じている。」

【ユベントス戦後】サウール「「アトレティにはたくさんのものが欠けていた。」

【ユベントス戦後】コケ「意欲やワクワク感が僕たちに欠けていたわけじゃないがユベントスが上回っていた。」

 

Embed from Getty Images

【ユベントス戦後】ゴディン「最も苦しみ、残念に思っているのは僕たち。」” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください