【ユベントス戦後】シメオネ「1ヶ月半の負傷離脱から復帰したコケとコスタを出場させるには根性が必要だった。」

ユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグで3-0で勝利を収めたアトレティコ・マドリード。

試合後、指揮官ディエゴ・シメオネが記者会見に出席した。

 

 

-試合を振り返って

「僕たちが持っていきたかった展開に試合を持っていき、強いチームとして試合をすることが出来た。」

「ユベントスもチャンスを得ていた。事実が結果を招き、力強さが試合で勝利を収めるために必要なことだ。」

「彼らは人間。ドン・ルイスが言ってたみたいに勝って、勝って、また勝つのは簡単じゃない。複雑なことなんだ。手強いマドリードとバルサがいるリーグ、同じく手強いチームがいるチャンピオンズリーグで戦うために僕たちは準備できていなければいけないんだ。」

 

-自身のセレブレーション

「あれはフィーリングから来た。なぜなら1ヶ月半の負傷離脱から復帰したコケとコスタを出場させるには根性(直訳:金◯)が必要だったからね。」

 

-試合前はユベントス有利と言われていた

「まだ終わったわけじゃない。試合がまだ残っている。素晴らしいフットボーラーを抱えるチーム相手に僕たちが苦しむ番だろう。」

 

-取り消されたモラタのゴール

「僕はVARが全ての状況で全ての選手を助け続けることを信じ、望み続けている。もし君たちが187センチの人があのプレイ状況で倒されると思うなら…そう思っていてくれ。」

 

-9分間で3選手交代

「彼らは知っていたよ。コレア、レマル、モラタと事前に話した。僕の狙いはチームをリフレッシュすることだった。コケもコスタも90分間プレイする状態ではなかった。」

コスタは90分出場できる状態ではないって言ったよね。コスタとモラタと今朝、彼ら2人から僕が何を必要としているかわかってもらうために彼らと話し合いをした。そして彼らは実行してくれた。」

 

-トーマスとコスタへのカード

「監督にとって一番なのはフットボーラーが想像通りの試合をしてくれることだ。今日の彼らはそれをしてくれた。トーマスへのイエローは妥当だった。コスタのは…」

 

-現在の気持ち

「僕は選手たちに対して良く感じている。なぜなら彼らはアトレティコであることの気持ちを表してくれたから。僕は幸せな気持ちで帰る。なぜなら勝敗もそうだが僕たちが変えることはないスタイルでプレイしたから。」

 

 

<関連記事>

【ユベントス戦後】ゴディン「トリノで今日みたいな90分が僕たちには残っていることをわかっている。」

 

 

Embed from Getty Images

【ユベントス戦後】シメオネ「1ヶ月半の負傷離脱から復帰したコケとコスタを出場させるには根性が必要だった。」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください