【レガネス戦後】サウール「シメオネはたくさんのポジションで僕に頼ることができるって知ってる。」

本拠地ワンダメトロポリターノでCDレガネス相手に1-0で勝利を収めたアトレティコ・マドリード。

試合後、サウール・ニゲスが記者会見、インタビューに応じた。

 

 

-試合を振り返って

「苦戦を強いられたとても重要な勝利。両チーム明確なチャンスを手にすることがなく、苦しんだ。ピッチ上では激しさがあり、最終的には難しい試合となった。」

「僕たちは失点0を維持した。ソラーノもデビューを飾ることができた。良いニュース。彼はとても良かったってことは言っておかなければね。」

 

-PK失敗

「僕は運が良かったていうのは事実だ。こぼれ球が来て、勝ち点3を獲得するためにゴールを決めることができた。重要なこと。」

 

-慣れない左サイドでのプレイ

「みんなが知っているようにこれは僕のポジションではない。僕は複数のポジションでプレイできるし、チームを助けたい。悪い気はしないが、僕はまだ慣れたわけではないから多くのことにおいてまだ改善できる。僕は完璧主義者。直すべき細かい事がたくさんある。僕はチームを助けたい。監督はたくさんのポジションで僕に頼ることができるって知ってる。僕は常に全力を尽くし、これからも決して欠けることのないことは僕のコミットメント。僕の状態が良くなかったり、ゴールを決めることができなかったり、PKを外してしまう日もあるだろう。でもコミットメントが欠けることは決してないよ。」

 

-ユベントスとの一戦が迫るアトレティ

「チームは勢いのある状態。これを続けなければいけない。僕たちは僕たちが何を欲しいか明確にわかっている。偉大なアトレティコが見られている。」

「難しい試合のなるのは誰もがわかっていること。僕たちはサポーターを頼りにすることができて恵まれているね。」

 

-トリノでの試合を忘れてプレイ

「(ユベントス戦を忘れてプレイするのは)もちろん可能だよ。僕たちはラ・リーガでの試合を1試合1試合プレイしている。この哲学を忘れてしまった時の僕たちは過ちを犯してたり、負けたりする。」

 

 

<関連記事>

【レガネス戦後】トーマス「出場停止は痛むよ。ユベントス戦のような試合は誰もが出場したいからね。」

 

 

Embed from Getty Images

【レガネス戦後】サウール「シメオネはたくさんのポジションで僕に頼ることができるって知ってる。」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください