【レバンテ戦前日】バルベルデ 「何度かビダルFW起用が頭に浮かんできたということは否定しない。」

国王杯準々決勝進出を目指してレバンテとのファーストレグを明日戦うFCバルセロナ。

指揮官エルネスト・バルベルデが前日記者会見に出席した。

 

 

レバンテとの一戦

「得点の多いチームだが、失点も多い。予想のできない試合になるだろう。僕たちが本命として試合に臨むことになるが、そんなことはなんの意味もない。レバンテは僕たちを危機に陥らせるだけの要素を持っているよ。ラ・リーガ(でのレバンテとの試合)では苦戦させられた。僕たちは準々決勝へと突破したい、2試合で良いプレイを見せる必要があるだろう。スタメンを変えることになるだろう。野心は突破することだ。」

 

ムニルと決別

「選手たちとの会話は非公開だ。ムニルとクラブはある決断を下した。僕たちはできる限り早く良い解決方法を見つけたい。この冬の移籍市場で解決されれば、より良い。僕はムニルに対して何も問題はない。彼は良いプレイを見せていたし、よくトレーニングしていた。これに関しては付け足すことはないよ。」

 

ルイス・スアレスの代役

「僕たちは明日の試合に向けての解決策は見つけた。負傷してるけどBチームのアベル、ムヒカもいる。まあ見てみようじゃないか。僕たちはゴールのある選手で乗り切るつもりだ。」

 

ローテーション

「入れ替えは必須だ。リストを待とうじゃないか。ヘタフェ戦後の選手達の回復状態を見てみるよ。1つの可能性だ。」

 

選手達から続投を求められるバルベルデ(このことに関するピケの発言はこちら

「そんなことを言ってくれるのは良いことだ。もし反対のことを言われたのを想像してみて(苦笑)これについてはあまりたくさんのことを話したくない。何か言うべき事が出てきたら、伝えるよ。」

 

ムリージョのデビュー戦

「プレイするために準備できていなければならない。僕たちと同じリーグから誰かを獲得するという選択はこれからの試合でプレイするためだったんだ。僕たちのプレイスタイルになれるって意味では加入当初ののトレーニングで彼は少し苦労していたようだが、日に日に良くなっていっているし、そろそろプレイしないとね。」

 

チーム状態

「チームと選手たちはいい状態にあると僕は見ている。休暇を終えたばかりの僕たちは体力を回復する事ができた。カップ戦の試合がたくさん続く。もしくはそうでもないかもね。僕たちは続いて欲しい。なぜならそれは試合を突破していっていることを意味するからね。カップ戦(国王杯)は時間の無駄だって言われてるけど、僕は全面的には同意できないね。カップ戦にもワクワクした気持ちを持っていなくちゃいけない。僕たちに多くのものを与えてくれる。決勝、準決勝を戦うのがみんな大好きだ。僕たちは国王杯も獲りに行かなくちゃいけない。僕たちはバルサだ。」

 

アルトゥーロ・ビダルをFW起用

「可能性の1つだ。何度かそれが頭に浮かんできたということは否定しない。アルトゥーロにはそれだけの推進力がある。選択肢の1つだ。」

 

ローマでの歴史的敗退は国王杯のせい?

「それぞれローマの件については意見がある。僕はカップ戦の疲労が僕たちがローマで敗れた唯一の理由ではないと思う。でも今月は確かに疲労が溜まるだろう。色々変えていかないといけない。」

 

デニス・スアレスも移籍か
「ムニルとはまた違った状況だ。彼は僕たちとともにある。ヘタフェまで帯同し、メンバーリストに入った。彼がプレイする可能性は常にある。」

 

-VARが見逃したヴィニシウスのPK

「こうなる(VARについての議論が絶えない)って決まってた。フットボールから議論が尽きることはない。VARは全てが公平になるようにするってのが目的のものだ。でもみんなが満足するって無理。僕たちは議論を続けるってことは決まってたんだよ。」

 

 

<関連記事>

ピケ「彼が監督を続けてくれたら嬉しい。」

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください