【レバンテ戦後】バルベルデ 「僕たちはマルコムを頼りにしている。」

国王杯ベスト16セカンドレグのレバンテ戦で3-0で勝利を収め、準々決勝進出が決定したFCバルセロナ。

試合後、指揮官エルネスト・バルベルデが記者会見に出席した。

 

 

-バルサの完璧な夜

「レバンテ相手に僕たちは逆転することに成功した。ファーストレグより簡単だった。なぜなら今夜の僕たちはスペースを手にすることができ、そこで危険な存在となることができた。準々決勝進出することができて幸せだ。」

 

-チュミの件

「僕たちはチュミの件に関しては全く疑いを持っていなかった。僕たちが明日の抽選会にいると信じている。来週、準々決勝を戦う。僕たちは違反をしていないという確信がある。」

「僕たちはチュミが出場停止で、エイバルとの試合で起用することができないというのは知っていた。でも国王杯では起用できる。明確にね。」

 

-カルロス・ベラは好き?

「彼は他のチームに所属している選手だ。僕は全てのチームをリスペクトする。市場は開かれている。」

 

-2人のアルトゥーロ

「ヘタフェ戦で共にプレイし、僕たちは勝った。この2人は共存できる。それぞれにスタイルがある。ブスケツが2試合連続で出場していたから、休ませるべきだと思った。」

 

-ファーストレグから変えた点

「僕たちはレバンテからのプレッシャーを取り除く方法を知らなかった。今日はそれができていた。危険な存在となることができた。」

 

-なぜルイス・スアレスを投入

「プレイするため。30分残っていた。2試合連続で90分プレイしていたコウチーニョと交代するというのは決めていた。」

 

-マルコムは構想内か

「とても重要な長所を持った選手であり。僕たちはそれを見たいんだ。僕たちは彼を頼りにしている。今週日曜日にまた試合がある。彼はメンバー入りするかもね。」

 

 

<関連記事>

【レバンテ戦後】ラングレ「クレが僕のプレイスタイルに満足しているなら、最高。」

 

 

Embed from Getty Images

【レバンテ戦後】バルベルデ 「僕たちはマルコムを頼りにしている。」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください