【鹿島戦後】ベイル「足がちょっと痛かったけれど、チームを助けたかった。」

クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズに3-1で勝利したレアルマドリード。

試合後、ハットトリックを記録したガレス・ベイルがミックスゾーンでレアルマドリードTVのインタビューに応じた。

 

-自身の体調

「足がちょっと痛かったけれど、チームを助けたかった。」

 

-試合を振り返って

「とても重要な勝利だね。難しい試合になるということを僕たちはわかっていた。僕は努力し、プロフェッショナルでなければならない。僕は決勝進出が決まってとても幸せだよ。」

 

-決勝に向けて

「ゴールを決めたことは重要だが、一番大事なのは決勝に進出できたことだ。もう一度トロフィーを勝ち取るんだ。全選手にとってタイトル獲得は重要だよ。」

 

-アル・アインFCについての知識

「明日、対戦相手についての分析を始めるよ。」

 

 

 

-関連記事

ソラーリ「守備に関しては僕がマルセロに話しておくよ。彼はとても攻撃的だからね。」

バスケス「3年連続クラブワールドカップの決勝でプレイすることができていい気分だよ。

クルトワ「僕たちはリーベルプレートとアル・アインの試合を最後まで見たよ。」

クロース「もちろん、僕たちはファイナリストに値するよ。」

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください