【CWC決勝戦前日】ソラーリ「ここ数年でレアルマドリードが成し遂げたことに価値を見出すことが難しい時があるんだ。」

アル・アインFCとのクラブワールドカップ2018の決勝戦を明日に控えるレアルマドリード。

指揮官サンティアゴ・ソラーリが前日記者会見に出席した。

 

-チームの状態

「(決勝に進出できて)みんなとても幸せ。彼らには決勝での経験があるが、明日の決勝が待ちきれない。優勝するために集中していかなければならない。いつも通り勝つために戦わなければならない。」

「この間、イスコはいい感じだった。他の選手と同様にね。選手の大半が出場可能になってくれれば、僕たちは幸せだ。」

 

-アル・アインの分析結果

「彼らには武器がある。ボール奪取の時に、ファールを犯すことがあるね。(ES TUNISとの試合で)何人かのチュニジア人選手が怒っていたね。リベール相手には弱みに付け込んだ。審判を少し騙してみようろするのは普通だけど、僕たちは可能な限りそんなことはさせないようにする。」

 

-チャンピオンズリーグ200連覇

「いつも言われることだ。200年連続でチャンピオンズリーグで優勝することは不可能だ。これはサッカーだ。競争なんだ。ここ数年でレアルマドリードが成し遂げたことに価値を見出すことが難しい時があるんだ。毎日僕も驚いているよ。僕たちは常に前を見ている。でも過去に何をしたか忘れてはいけないよね。僕たちは明日、これからも積み重ねていくための一歩を踏み出せるようにする。これまでレアルマドリードがこんなにタイトルを勝ち取ってきたのは、決勝戦で全エネルギーを注ぐからだ。」

 

-今シーズンのCLの決勝はクラシコ?

「それは遠い未来の仮説だね。そこまでたどり着くためにデロリアンが必要だね(笑)」

 

 

 

-関連記事

【CWC決勝戦前日】ラモス「モウリーニョが去って5年が経った今、君たちはまだ彼について話をしている。」

【エスパニョール戦前日】シメオネ「ルーカスは僕がどう思っているか知っている。」

【セルタ戦前日】バルベルデ 「冬の移籍市場が開く前に、市場を閉めた史上初の監督になっちゃうね。」

 

 

Embed from Getty Images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください