スアレスはバルサでの終わりが近いこと”知っている”

 ルイス・スアレスは明確な答えを示していた。彼のFCバルセロナでの将来に関する質問に対しても。

Embed from Getty Images

 スアレスは母国・ウルグアイのラジオ局Sport 890とのインタビューで彼のバルサでの時間は終わりが近づいていることを認めた。彼はサッカー選手にありがちな永遠に選手であり続けるかのようなコメントをする人間ではないようだ。彼はバルサが移籍市場でストライカーを獲得しようとしていることを当然だと考えているようだ。

「バルサが新たな9番が必要だというのは明らかなことだ。僕は31歳で、もうすぐ(来年1月)で32歳になる。バルサはクラブの将来を考えて、選手を獲得しなければならない。」

 しかし、彼は現在の契約を全うすることに責任をしっかり持っており、先週のクラシコで見せたように彼はまだまだヨーロッパのトップレベルで活躍できる能力を持っている。

「僕はバルサでのすべての瞬間を楽しんでいるよ。どんなチームに対しても3ゴールを決めることは素晴らしい。でも想像してみて、レアルマドリード相手にだよ!」

 今シーズン序盤、彼が受けていた批判は理解できるものだとも語った。

「僕は自己批判もよくするね。ボールがゴールに入るときもあれば、入らないときもある。僕はチームを助けることができればそれで幸せだ。」

Embed from Getty Images
 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください