【公式】メッシ、クラシコ欠場決定 2018/10/20

argentin.jpg

永遠のライバルであるレアルマドリードがベルナベウでレガネスに2-1で敗れた、同じ日にFCバルセロナはここまで首位を走っていたセビージャ相手に4-2で勝利を収め、現在FCバルセロナはラ・リーガの首位に立っています。しかしいいニュースばかりではありません。

前半13分に、メッシはチーム2点目となるゴールを決めました。その後、前半16分にボールの奪い合いの中でセビージャの選手と接触し、「明らかにやばい」足のぐねり方をして、うずくまりました。プレイ続行は不可能となり、途中交代となりました。

バルサのメディカルチームによると、メッシの診断結果は右肘の橈骨の骨折であり、3週間の離脱になるとのことです。

『メッシ抜きのバルサ』
3週間の離脱でメッシは5試合を欠場することになる。(最低でも)

・チャンピオンズリーググループリーグのインテル戦 2試合
・リーガ ラージョバジェカーノ戦
・リーガ ベティス戦

そして、10月28日のエル・クラシコ。
メッシ抜きのクラシコは世界中のサッカーファンとバルサにとって最悪の知らせですね。(もしあなたが、マドリディスタなら良い知らせ😂)

メッシとクリスティアーノ・ロナウドの両選手がいないクラシコは10年以上ぶりですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください