【A.マドリード戦後】ジダン「僕たちのシーズンは良いものになると僕は確信している」

【A.マドリード戦後】ジダン「僕たちのシーズンは良いものになると僕は確信している」

アトレティコ ・マドリードとの一戦に3-7で敗れたレアル・マドリード。試合後の記者会見に指揮官ジネディーヌ・ジダンが出席しました。

 

 

-大敗

「何が起きたかって僕たちの試合への入りが悪かった。 レベルの高い競争がある試合に悪い入り方をしてしまった。開始8分には2-0でリードされていた。そこから何かを変えるための答えに僕たちはたどり着くことができなかった。前半は厳しかった。試合に入り込むことができなかった。全てが僕たちに欠けていた。特に勢い」

「7点決められた。これはダメだね。それは選手達も分かってること。彼らは失望している。思い返している暇はない。これはプレシーズンの1試合。アトレティが全てにおいて僕たちを上回った。それだけ。これ以上言うことはない」

「僕たちはシーズンに向けて準備をし、落ち着いた状態でシーズンに臨みたい。8月17日のリーガ開幕戦にはそうでなくちゃいけない。今夜の僕たちは沢山のものが欠けていた」

「僕は試合序盤について考えている。こういう試合で勢いがなければ、困難な状況に追い込まれる」

「これは親善試合。でもアトレティにとってはそうではなかった。このチームは今シーズン、良い結果を残すと僕は確信している」

 

-不発に終わったアザール

「パフォーマンスが落ちたのはアザールだけでなく、全員。僕が一番。僕たちは全てにおいて間違いを犯した。特に序盤」

 

-モチベーションの欠如

「僕たちはモチベーションいっぱいになるだろう。間違いない。僕たちのシーズンは良いものとなる。僕は確信している。今日の僕たち全く嬉しい気分ではない。でも僕のチームは良い戦いを見せてくれると僕は確信している。それだけ。僕たちは帰って、少し休まないといけない」

 

-敗戦の影響

「心配はしていないけど、これは痛いね… 誰も負けるためにプレイはしない。でも、もう終わった。後ろばかり見ていることはできない。悪い試合だった。僕たちが何をしたのか考えなければいけない」

 

-久保

「今日は難しい状況での出場となった。マドリードに戻ったら、彼をどうするか決める」

 

 

 

Embed from Getty Images

レアルマドリードカテゴリの最新記事