【フェネルバフチェ戦後】ベンゼマ「でもひとつ言わせて。これはプレシーズン」

【フェネルバフチェ戦後】ベンゼマ「でもひとつ言わせて。これはプレシーズン」

フェネルバフチェSKとの親善試合で5-3で勝利を収めたレアル・マドリード。試合後、カリム・ベンゼマがインタビューに応じました。

 

 

-初勝利

「ここで勝っておくのはとても重要だった。でもひとつ言わせて。これはプレシーズン。一番重要なのはリーガの開幕戦。親善試合はスピードとか色んな要素を準備するためにある。僕たちはフィジカル面、戦術面で多くのものを得ていっている。今日は上手くいった。でも僕たちはリーガの開幕戦までハードワークを続ける」

「僕たちは努力し、高いレベルに到達しなければいけない。でも僕たちにはまだトップに辿り着くための時間が残されている。それが一番重要なこと。今日は勝つことができて、みんな喜んでいる。これを続けないといけない。あのアトレティ戦の後なら批判はあって普通。7失点して負けたらいけないよね。でもこれはもう忘れないといけない」

「とても良い感じ。高いレベルに達するためにさらなる時間、トレーニング、親善試合を必要としている」

「0から始める。僕たちは努力している。まだ僕たちにはたくさんの親善試合が残っている。少しづつ僕たちは高いレベルに到達する」

-ポグバ獲得の噂

「選手について僕が話することはできない」

 

-ロッカールームの雰囲気

「高いレベルに到達し、リーガに向けて準備を進めるために僕たちはここにいる」

 

-サポーターへ向けて

「僕たちはサポーターを必要としているし、僕たちは勝つために全てを捧げる。去年の出来事はもう過去のこと」

 

 

Embed from Getty Images

レアルマドリードカテゴリの最新記事